掃除機の歴史年表

掃除機の初期(創生期)の発明と改良

1868年、世界最初の真空掃除機がシカゴのアイヴス・マガフィー(Ives W. McGaffey)によって発明されました。原理は手でレバーを引いて真空を作り出し、ノズルからゴミを吸い取って容器に溜めるという簡単なものでした。1869年6月8日この特許を取得し、彼はボストンにあるカーペット清掃会社に売り込むことに成功しました。こうして誕生した世界最初の真空掃除機がシカゴとボストンで発売されましたが、当時としては$25もする高価なもので、ノズルをゴミに当てながらいちいち手でレバーを引くのが面倒という欠点があり、やがて市場から姿を消していきました。

1876年、ミシガン州グランドラピッズのメルヴィル・ビッセルが妻のためにじゅうたんの上のおが屑を掃除するための掃除機を作りました。間もなく、Bissell Carpet Sweepers として製品化し、メルヴィルが1889年に亡くなると、妻のアンナが社長となりました。

1899年、電動機駆動の掃除機をジョン・サーマンが発明しました。Bissell社は今も掃除機を含む掃除用品のメーカーとして現在も存続しています。

1901年、イギリスのヒューバート・セシル・ブース(Hubert Cecil Booth)が最初の電気式真空掃除機を発明しました。この掃除機は布フィルターを備えていました。彼は列車の座席から塵を吹き飛ばす装置のデモンストレーションを目にし、塵を吸い取った方がずっと役立つと考えました。そのアイデアを試すため、彼はレストランの椅子の上にハンカチを広げ、それを自分の口で吸いつけ、さらに塵を吸い付けてみました。塵がハンカチの下面に集まったのを見て、彼はそのアイデアがうまくいくと確信しました。ブースは Puffing Billy と名付けた大きな装置を作りました。石油を使った内燃機関を動力源としていましたが、後に電動機を使うようになりました。掃除すべき建物の前まで馬で引いていったといいます。ブースは British Vacuum Cleaner Company を創業し、その後数十年に渡って発明の改良を行いました。家庭用掃除機の市場では後述するフーバー社の製品に負けましたが、産業市場に活路を見出し、工場や倉庫で使う業務用機種を生み出していきました。ブースの会社は気送管の会社 Quirepace Ltd. の一部門となって存続しています。

1905年、イングランドのバーミンガムにある Walter Griffiths Manufacturer が人力の掃除機の特許を取得しました。これは運搬や収納が容易で、1人の人間(召使など)が鞴のような仕掛けを操作し、それを動力として着脱可能な柔軟なパイプを通してゴミを吸い上げる方式です。パイプの先には様々な形状のノズルを装着できます。形状としては現代の家庭用掃除機によく似ています。

1903年から1913年までの間、ニュージャージー州の発明家 David T. Kenney は9件の特許を取得し、アメリカでの電気掃除機産業の基盤を築きました。ブースが自身の発明のアメリカでの特許を申請したのが、Kenneyの競合する特許が成立した後で、ブースがアメリカで特許権を主張できなくなったためです。

1919年に創設された Vacuum Cleaner Manufacturers’ Association の会員資格は、Kenneyの特許のライセンス供与を受けていることでした。

1905年には最初の家庭用の電気掃除機がアメリカのチャップマン・アンド・スキナー社から売り出され、これはポータブル型ではあったが重さが92ポンド(約40キロ)もありました。

1907年、オハイオ州で学校用務員をしていたジェームズ・マーレー・スパングラーは、扇風機と箱と枕カバーを使って電気掃除機を発明しました。アップライト型掃除機の原型です。スパングラーのデザインは、単に吸引するだけでなく、大きめのゴミを集めるための回転ブラシを備えていました。スパングラー自身はその発明を実用化する資金がなかったため、その特許をW・H・フーバーに売却しました。

1908年6月2日、スパングラーは回転ブラシの特許を取得し、それをいとこの夫W・H・フーバーに売却しました。フーバーは革製品などを販売する Hoover Harness and Leather Goods という会社を経営しており、自動車の発明によって売り上げの落ちつつある革製品以外の新商品を求めていました。フーバーは Electric Suction Sweeper Company と社名を変え、1908年に最初の機種 ‘Model O’ を70ドルで発売しました。これが初の商業用モデルとなりました。欧米ではフーバー社は電気掃除機を含む家庭用掃除用品メーカーとして今も運営しています。実際イギリスでは電気掃除機を使うことを “hoover” という動詞で表したりします。

1910年、P・A・フィスカーは Nilfisk と名付けた掃除機の特許を取得しました。ヨーロッパ初の電気掃除機です。掃除機は17.5kgの重量で、人1人でも何とか使用可能でした。その会社は現在もNilfiskとして運営されています。

1931年、日本で発売された最初の電気式真空掃除機は、芝浦製作所(東芝の前身)が発売したアップライト型(ホウキ型と呼ばれていた)でした。

下の画像は1920年の掃除機(左)と国内初の掃除機(右)。現在の掃除機にも当時の面影が感じられます。


第二次世界大戦後(発展期)の歴史

登場からしばらくの間、電気掃除機はぜいたく品でした。しかし第二次世界大戦後、中流階級でも一般的になっていきました。特にじゅうたんを多用する西洋で先に一般化しました。世界の他の地域では木やタイルや畳の床が一般的で、掃除機を使わなくともほうきや雑巾やモップで十分掃除できたためです。

1949年、日本では、進駐軍家族団地「ワシントンハイツ」に於ける電化製品メンテンス工事を、特別調達庁(SPB)から請け負っていた東京の太平興業が、米国製品を参考に自社開発、秋葉原等で販売を開始しました。ところが当時の日本家屋のほとんどが畳と板間であり、「はたき」や「ほうき」でサッサとゴミを家の外に掃き出す方が簡単で早かったため、真空掃除機は殆ど普及しませんでした。しかし、1960年代に団地(公営団地)ブームが起こると、近所迷惑のため家の外にゴミを掃き出すことが難しくなり、ほうきの簡便さが半減したため、まず掃除機が団地に受け入れられました。また、団地や新しい家には洋室が取り入れられ、(土足ではないのに)絨毯が流行したためほうきでは掃除しにくくなり、絨毯の毛の中に溜まったホコリによってノミが大量発生することも多かったのです。このため、真空掃除機の優位性が高まり、それ以降一般家庭に普及し始めました。

初期の真空掃除機は、使い捨てではない布フィルターなどが使われていたため、ゴミ捨てのときは大量のホコリが舞い、またフィルターを水洗浄をしないと吸引力が回復しないなどの面倒が多く、敬遠する人も多くいました。しかし、紙パック式真空掃除機が1980年の初め頃に発売されると、使い捨ての紙パックフィルターによってこれらの問題が一気に解決されたため、ほとんどの家庭に普及するようになりました。

1990年代になるとサイクロン式掃除機が増えてきましたが、その原理は古くから知られており、1928年からサイクロン式掃除機を製造していた会社もあります。

1985年にイギリスのデザイナージェームズ・ダイソンが工業用粉体分離器にヒントを得て近年のサイクロン式掃除機をデザインしました。このアイデアに感銘を受けたシルバー精工がライセンスを取得して製造・販売に乗り出すなど、当初は日本で高く評価され、1993年にイギリスで1号機の DC01 が200ポンドで発売されました。普通の掃除機の2倍の値段だったため売れないと思われましたが、ダイソンは今ではイギリスで最も売れている掃除機ブランドとなりました。

1997年にはミノルタがロボット型掃除機の「ロボサニタン」を発表。製品化には至りませんでしたが、メディアで報じられ清掃業者などから反響がありました。そして2000年代になると、ルンバなどに代表される製品化された家庭用ロボット掃除機が登場するようになりました。その他、健康志向の高まりを受け、排気が従来に比べ綺麗で、空気清浄機代わりにもなる掃除機や、風圧で本体が宙に浮く掃除機なども登場しています。

下の画像はDysonのサイクロン掃除機(左)とi-Robotのロボット型掃除機ルンバ(右)の写真です。歴史を振り返れば、現在も昔からの面影を残しているものの、技術は確実に進歩していることがわかります。