ホームベーカリーの歴史

ホームベーカリーの歴史を知るコーナーです。
ここではホームベーカリーの歴史を製品などとともにたどっていきます。
日本では現在までに4回のブームがありました。この歴史をたどっていきましょう。

第1次ブーム:1987年~

最初にホームベーカリーが市場に出てきたのは1987年のころでした。当時はバブルとも呼ばれる好景気の時代だったので、「家庭で焼きたてパンが食べられる」という物珍しさもあって、1987年度には7~8万台ほどの市場に急成長しました。

しかし、当時のホームベーカリーは専用の小麦粉が必要。その小麦粉が簡単に手に入らない。市販のパンとコストパフォーマンスが変わらない。冷めるとぱさつくなど機能がまだ十分ではないといった理由から、一気にブームは冷め、1992年には販売台数が2万台弱となるまでに市場は落ち込んでしまいました。

第2次ブーム:1994年

1993年、記録的な冷夏により、全国的にお米が不作となりました。消費者だけでなく卸売り業者までもが米の確保に奔走して、小売店の店頭から米が消えるといった混乱が起こりました。これは「平成の米騒動」と言われた社会現象でした。この米不足に乗じて、小麦粉食が注目され、ホームベーカリーが注目されて、この年のホームベーカリー販売台数は約9万台を数えました。翌年米の供給が正常化するとブームは一気に去り、第2次ホームベーカリーブームは短期間で終了しました。

第3次ブーム:2003年~

エコロジー、シンプルといったライフスタイルの流行にともない、食品添加物を避け、アレルギー対策としても手作りの食品に関心が集まるようになりました。また、不景気のあおりを受け、外食よりも家で食べる「内食」へのシフトも起こり始めました。こうした社会的な状況とともに、技術面での進化が続くホームベーカリーの高機能化が加わり、再びブームが到来しました。これが第3次ブームです。

第2次ブームまでは副次的機能として一部の機種にのみ搭載されていた、もち、うどん、パスタ、またケーキ、ジャムといった機能も、標準的に多くの機種に搭載されるようになりました。また、それまでは食パンを焼くほかは、ホームベーカリーで生地を作ってからオーブンでアレンジパンを焼く方法が多かったのですが、第3次ブームから多くのアレンジパンコースが搭載されるようになり、練りから焼成まで、ホームベーカリーにおまかせしたままデニッシュやメロンパンなど様々な種類のパンが焼けるようになりました。加えてホームベーカリーを使って作るアレンジパンのレシピ本なども多く発売されるようになりました。現在では市場に定着した感のある定番のホームベーカリーの基礎がこの頃作られました。

第4次ブーム:2010年~

第3次ブームを皮切りに、ホームベーカリーは順調に販売台数を増やし続け、販売台数は年間100万台規模に、普及率も20%以上に拡大してきています。ブームを越えて定番商品の位置づけを確保しました。これまでも「食糧自給率アップ」政策として、自給率の高い米を積極的に食べようという運動に農林水産省が着手したこともあり、小麦粉だけでなく、米粉からもパンが焼ける機能を標準搭載した機種は多く発売されていましたが、2010年11月にSANYOから発売(現在はPanasonicに統合)されたGOPANは、米から直接パンが焼ける画期的な技術を搭載。発売から約1年で17万台を売り上げる大ヒット商品となりました。

GOPANの発売以降、他の機種でも余りご飯をふやかして、小麦粉と混ぜて焼きあげる「ごはんパン」のコースが搭載されるものも増えきており、現在は米パンの人気が増しています。

焼きたてのパンを家で食べる楽しみ、安全な素材を自分で選べる安心感が気軽に実現するようになったのは、うれしい限り。おうちで手作りパンのハードルはどんどん低くなり、同時にクオリティはアップしています。