炊飯器の歴史

炊飯器の歴史を知るコーナーです。
ここでは炊飯器の歴史を製品などとともにたどっていきます。

「電気を使用して飯を炊く」と言う発想自体は古くから存在します。

1937年(昭和12年)に現に旧日本陸軍が正式採用した九七式炊事自動車には炊飯櫃という原始的な電気炊飯器が装備されていました。これは四角い木製の箱の両端に電極を付けたものです。炊飯櫃の中に研いだ米と水を入れて電極に通電すると、中の水が通電により発熱して炊飯を行います。そして米が炊きあがると、水分が減少するため抵抗値が上昇して発熱量が少なくなり、そのまま保温に移行するという原理でした。しかし、この方式では水の種類や米の研ぎ加減によって発熱量が変化して炊き加減がばらつく上に、感電の危険が大きく、家庭用とするには不向きなものでした。

家庭用の電気炊飯器の初期の開発中のものは、単にヒーターで加熱し一定温度になると切れる、という単純な構造のものでした。しかし、この方式では外気温の影響を受けやすく、加えて日本では四季により季節の寒暖の差が激しいことから、米が生煮えになることが多く、未完成品でした。各メーカーは失敗続きのまま、試行錯誤を繰り返していました。この段階では櫃の中に電熱線を入れ込んだ試作機すらみられました。これについては東京通信工業(現在のソニー)が設立当初に取り組んでいます。

1950年代には熱源が練炭で、炊きあがりを電気式のブザーで知らせる練炭炊飯器も存在しました。

最初に実用的な電気炊飯器を発明したのは、東京の町工場である「光伸社」の三並義忠です。釜を三重化する方法を採用することで、実用的な炊飯が可能となりました。これは空気の層による保熱機能で、温度を高めるようにしたものです。

1955年(昭和30年)に自動式電気釜という名で東芝から製品化されたときには、「二重釜間接炊き」という方式が導入されました。これはバイメタル技術を利用したもので、自動式で電源オフにする機能です。このおかげでいったん電源オンにすれば、あとは自動的に電源オフになるので、炊飯中に常時見張っている必要がなくなりました。さらに、自動的に電源オンになるタイマーも別途併売されました。これらにより、電源のON・OFFが自動化されたので、いったんタイマーをかけておけば、夜眠っている間に炊飯されて、朝起きたら炊き上がっているようになりました。全自動化されて便利だったため、電気釜は大ヒット商品となりました。

1956年(昭和31年)には、松下電器(現在のPanasonic)も電気炊飯器を製品化しています。松下電器製のものは鍋と釜を二層構造とすることで、比較的外気温に影響されない炊飯が可能でした(この方式を二層形電気釜といいます。その後二層形は炊飯に時間がかかることや消費電力が大きい欠点があり、1960年代以降は次第に廃れていってしまいました。

この当時の炊飯器は保温機能を備えておらず、最後におひつに移す作業が必要で、またすぐに冷めてしまっていました。

1965年に象印マホービンが半導体による電子制御の保温機能を備えた電子ジャーを発売。同商品は年間200万個を売る大ヒット商品となりました。

1967年(昭和42年)に三菱電機が保温機能を備えた炊飯器を発売しました。

これらの登場によって、従来、家庭において洗米から水張り・火加減を行って、最後におひつに釜から移すという主婦の作業を軽減させる事にもつながり、洗濯機と並んで日本の家庭の必需品とまでなっています。

1960年代を通してタイマーにより前夜にセットしておけば、早朝に炊飯する手間が省ける機能を備えた機種が登場、普及を見せました。東芝では保温機能を持つ機種を「保温釜」、持たないものを「電気釜」と呼んでいますが、純然たる「電気釜」は業務用を除き1990年代までに絶滅し、東芝の商品一覧からその名を消しました。さらに「保温釜」の呼び名も一時期できるだけ使わないようにしていた時期がありましたが、現在は普通に使われています。

1980年代よりマイコン制御を取り入れる機種が登場して多機能化(時計を内蔵し、タイマー設定も2つまで記憶できるなど)も進み、1990年代にはマイコンによる各種機能によって好みの炊き加減(硬い、柔らかいなど)が選択出来るようになった他、玄米や麦飯など、健康ブームにも関連して、様々な食品が調理できるものも登場しています。中には蒸し器としても利用できる機種もあります。

1980年代末には早くもIH(Induction Heating)方式による加熱を採用した機種も登場しましたが、これらでは様々な設定の組み合わせて加熱を細かく制御する事により、よりおいしいご飯が炊けるような工夫をしています。圧力釜仕様の製品では1.2気圧~1.7気圧程度(家庭用は法規制で1.4気圧程度迄)の圧力がかかるようにして沸点を100℃より高くしたり、高価な機種ではスチーム加熱などの機能を備えていることが多くなりました。

1990年代には中国で、機能は限られるが安価な炊飯器が大量に生産されるようになり、日本を含む各国に輸出されるようになりました。このため、日本のメーカーは商品の機能を増やすなど、付加価値をつけることで対抗することとなりました。

2000年代になり、内釜に金属以外の素材を使用し、遠赤外線の作用などによって、ご飯の風味が良くなることを特徴とした高級品が出現し、注目を集めています。三菱電機は「本炭釜」と称する炭素材削り出しの内釜を使用した高額商品を販売しました。また、有田焼などの陶器の内釜を使用した商品もあります。陶器を使用した粥や生薬用の電気調理器具は中国に1980年代からあり、近年は炊飯器も製造されています。