エコキュートシステム導入工事

エコキュートとは??

エコキュート(EcoCute)とはヒートポンプ技術を利用して空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機の中で、冷媒としてフロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称です。

正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言います。「エコキュート」の名称は、日本の電力会社・給湯機メーカーが使用している愛称で、関西電力の登録商標です。

2002年に前年平成13年度分としてコロナを含む複数の企業などに同時に省エネ大賞の経済産業大臣賞が授与されました。

市場全体での累計出荷台数は2007年9月に100万台、2009年10月には200万台を突破しました。

比較的電力使用が少なく、料金的にも低い夜間に稼働するため、環境にやさしいとされています。

このエコキュートのメリット、デメリットについてみていきましょう。

エコキュートシステムのメリット

優遇された料金により従来式燃焼式給湯器と比較して給湯にかかる光熱費が抑えられます。

また、タンクにお湯を貯める仕組みから、断水してもタンクの水を非常用水として活用できます。

ヒートポンプ技術を使うことで、発電効率が高い場合には給湯の省エネルギーが実現できます。

給湯の他に床暖房や浴室暖房乾燥も可能な多機能型エコキュートや床暖房専用のヒートポンプ機器もあります。

エコキュートシステムのデメリット

機器が複雑で高価である場合があります。

将来を見通すことは難しいですが、今後の発電事情によっては電気料金が割高となる可能性があります。

空気熱を利用するため、冬季は効率が低下して光熱費が高くなる場合があります。

貯湯タンクのためのスペースを必要とし、冬季は貯湯している間の放熱ロスがあります。(例えば、太陽光発電も導入して、昼間の太陽光発電の余剰電力をエコキュートで吸収すれば効率が向上する場合があります。)

停電時に使用できない機種があります。

深夜に運転開始することから、近隣への騒音を考慮する必要があります。(割安な深夜電力を使用すれば燃焼型給湯器に比べ運転費用が抑えられるメリットもあります)

エコキュートシステムの構造としくみ

ヒートポンプユニットと貯湯タンクで構成されます。ヒートポンプユニットのコンプレッサーは圧力が10MPaを超える高圧であるため、2重構造の2段圧縮となっています。1段目の圧縮吐出圧力が2段目の圧縮部の外殻に加わり、圧力で押さえ込む構造となっています。

1. 冷媒に二酸化炭素 (CO2)を使用します。ファンを回転させ外気をヒートポンプ内に取込み、ユニット内のCO2を暖めます。ここではより高温の外気から熱交換器を介してより低温の冷媒を暖めます。つまり、外気の熱エネルギーを冷媒に取り込みます。

2. 暖められたCO2を圧縮機に送り圧縮することで、約90°Cの高温にします。

3. この高温になったCO2を別の熱交換器を介してタンクの水を温める。つまり、冷媒の熱エネルギーを水に転移し湯とします。

4. その後CO2を膨張弁にかけて膨張させ低温にします。この後、1.の段階に循環します。

ファンを回転させることを除けば、基本的に圧縮機駆動に電力が使われるのみで、外気の熱を汲み上げるという意味からヒートポンプと呼ばれます。通常の電熱機器より発熱の効率が3倍から5倍良好ですが、外気温が下がると能率が低下する特徴があります。

選び方のポイント

ご家族の人数に応じて容量を考慮します。

2人以下であれば小容量、3~5人であれば中容量、それ以上であれば大容量、というように容量を考えます。

深夜に運転するため、設置場所を確保できるかを事前に考慮する必要があります。