群馬県高崎市のお話と私たちの歩み

ツイッター、フェイスブックのアカウントを新しく作りました。ツイッターアカウントは@appliance_aoki です。
私たちデンキのアオキが拠点を置く、群馬県高崎市のお話と私たちの歩みについてお話して行きます。
群馬県高崎市は、関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。旧群馬郡・碓氷郡・多野郡・甘楽郡(1900年(明治33年)の市制当時の区域は旧群馬郡)。平成の大合併により、群馬県で県内最大の人口を抱える都市となりました。
古くから交通の要衝で、中山道(国道17号高崎以南・国道18号)と三国街道(国道17号高崎以北)の分岐点、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線と長野新幹線の分岐点ともなるなど、全国有数の交通拠点都市です。新幹線の停車する高崎駅は群馬県の県庁所在地前橋市の玄関口ともなっており、群馬県の交通の中心地です。平成の大合併では、倉渕村、箕郷町、群馬町、新町、榛名町、さらには吉井町を編入し、広大な市域に県内一の人口を擁するようになりました。

 

都市圏人口は約53万人で、都市圏人口としては県内一の規模です。公示地価では、高崎市が商業地・住宅地とも県内最高地点を占めています。市の中心地域(中心市街地)は旧群馬郡高崎町を中心とする地域であります。
江戸時代には高崎藩の城下町として、中山道69次中4番目に規模が大きい宿場町として、また物資の集散地・商業のまちとして大いににぎわいました。街道筋の田町、本町、新町(現:あら町)などに市が立ち、その様子は「お江戸見たけりゃ高崎田町、紺ののれんがひらひらと」と詠われたほどです。鍛冶町には鍛冶職人が、鞘町には刀の鞘師が、白銀町には金銀細工師らが住み、当時の職人の町は今も町名としてとどめています。

 

現代でも県内有数の商業都市として盛えています。また、高崎郊外に位置する問屋町は、日本初の郊外型問屋団地です。
政治的には、自民党の政治家(総理大臣については3名を輩出)を多く出しており、「自民王国」としても有名です。
日本一のだるまの産地であり、国道18号沿いにはだるまの生産工場が集中しています。また、数少ないオーケストラのある地方都市であり、高崎マーチングフェスティバルが開かれるなど、音楽に関する活動が盛んであることから、高崎市は「音楽のある街」と名乗っています。

 

また、高崎フィルム・コミッションにより、ドラマ・映画・プロモーションビデオ等の撮影を誘致しており、しばしば高崎の市街地や学校などが登場する。毎年、高崎映画祭を開催するなど、音楽以外の芸術・文化活動も盛んです。
昭和40年代の上越新幹線ルート発表を契機に市が主導となっていった再開発事業などは30にもおよびます。
毎年元日に行われる全日本実業団対抗駅伝大会では、高崎市役所が1区と2区の中継地点となっています。
高崎市はYAMADA電機、ビックカメラの発祥の地でもありますが、私たちはそれら企業とは一線を画して地域の皆様との繋がりを大切にして参りました。
私たちデンキのアオキは、前身となる青木電機サービス株式会社として昨年末まで40年以上にもわたり、高崎の地域に密着した家電販売、電気工事のサービスなどを提供してまいりました。
2013年、名称を青木電機株式会社と変え、愛称も、デンキのアオキとして地域に密着する形は変えずに、新しい時代にも対応する変革の時を迎えております。