スイッチの裏側のお話。

おはようございます。

昨日は母の日でしたね。皆様はどのように過ごされましたでしょうか?

高崎駅近くのお花屋さんで珍しいカーネーションが売っていました。
image

とてもカラフルなカーネーションで、一本1000円と値段の張るものでしたが、このような珍しい贈り物もユニークで良いかも知れませんね。

今日は、家庭のどこにでもある「スイッチ」の中身を見て見ましょう。

注意!)スイッチの中身の写真を掲載しますが、決してご家庭のスイッチを分解したりしないよう、お願い致します。

スイッチというと、おおよそ下の写真のようなイメージで、種類や配列が違っても、ご家庭のどこにでもありますよね。
image

カバーを取り外したイメージは、下の写真のようになります。厳密にいうと、これらのスイッチ類は鉄板でできたケースに収納されています。
image
スイッチ類はまわりを取り囲む鉄板に引っ掛けるように取り付けられています。

そして、このスイッチ類の裏側は、下の写真のように配線が取り付けられています。
image
器具の種類やその他配線により、接続方法は若干異なりますが、基本的には黒線と白線の2種類の配線で構成されます。(場合により、赤線が接続される事もあります)

今日は、普段目にする事のないスイッチの裏側について紹介しました。

明日は屋内の目に見えない部分に良く使われている配線をご紹介したいと思います。

ブログやホームページへのご意見やご感想はコメント欄への書き込みまたは info@app-aoki.com まてメールで頂くか、お問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。

また電気工事を始めとする各種工事に関するお問い合わせやお見積もりなどもお電話やメール、お問い合わせフォームにて受け付けておりますので、お気軽にどうぞ。